右脳で気功の達人になる!?

こんばんは。

31日のブログで、
ある発表をします、
ゆるりん気功の宮沢です。
 
ちょっくら、
楽しみにして下さいね。(^^ゞ
 

さて本日は、
「右脳で気功の達人になる!?」です。
 
先日のブログで、
右脳と気功について触れました。
 

そもそも人は欠けてる部分を、
補おうとする能力があります。

補うことで、
通常以上の能力を発揮したりもします。
 
例えば、盲目の方は、
目が見える人よりも
感性が鋭かったりしますよね。
 
皆さん、高塚光さんってご存知でしょうか?
 
90年代に
一時期話題になった気功師です。

三浦友和さん主演で、
半生が映画化されたりしました。
 

未知への旅人

「未知への旅人」
 
後半にはご本人が出てきて、中国で気の測定をしたり、
映画のラスト4分、
観ている人に気を送るという非常に珍しい映画です

私も当時劇場に観に行きました。
 
なんと高塚さんは、
特に練習もしたことなく、
いきなり気が使えるようになったそうです!!
 
私が気になってるポイントは、
「左目が義眼」ということです。
 
この事実が、私には
気功と関係があると思えて仕方ないのです。
 

左目が見えないから、
イメージすることが多くなり、
イメージの脳=右脳が極端に発達したのではないのか!?

そして、極端に発達したから、
気が高いレベルで、
使えるようになったのではないか!?
 

この仮説が正しければ、
通常なら、長い年月コツコツ練習して
治療に使えるレベルになるのに
練習しないで出来るようになったのが、納得いきます。
 
実は、私も左目のほうが目が悪いです。
まあ~これは偶然か(笑
 
不自由になると、
その分、何かが発達したりします。

時にはそれが、第六感的な、
非科学的な事だったり
超人的な能力だったり。
 
高塚光さんは、
意図せず、そうなった方だと思うのです。
 
<ある日いきなり気が使えるようになった!>、、、って人は
私が今まで週百人お会いしてきた経験や、
科学的測定でも、そんなに凄い方はいないです。

でも稀に、高塚さんのような方もいたりします。
 
ただ、練習で身につけてないので、
コントロールが出来ないからか
ある日、いきなり気が出なくなったって人も多々います。
 
気功ってまだまだ謎が多く、
面白いですね!

まずは偶然に、
期待せず日々練習しましょう。
 
やったことは嘘をつきませんからね!(^^ゞ

ではまた~

 

達人になりたい!と思ったら、
↓↓ このリンクをクリック!

 

ーーーーーーーーーNEWSーーーーーーーーー
 

「見えない力」が扱えるようになる、
3つの要素をマスターする方法
 
気功歴25年からわかった!
「見えない力」、その達人になる方法を、全て公開した、
世界初のセミナーDVD

 

    

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る