hideさんの思い出。

おはようございます。

今日は朝から、ちょっと静かなお話を。
 

本日はhideさんの命日です。
 
X JAPANのギタリスト、ソロでも活躍をされていました。
 
私がXを知ったのは、
まだXが、4名だった頃です。
 

555
この広告を、雑誌で見たのが出会いでした。

 
当時はプロのミュージシャンに、
バンドでなるには、ライブハウス上がりか、
コンテストか、作られたものか、でした。

それを、自ら売り出し、
新たな動線を作ったのが、X(後にX JAPAN)です。
 
初めて知ったのは、アマチュアバンドも取り上げていた、
音楽雑誌、ロッキンf。
 
アマチュアがレコードを出すなんて、
殆どなくて、インディーズではなく、
自主制作と呼ばれていました。

売っているお店も、非常に限られていました。
 
私はそんな激マイナーなレコードも買っていて、
後に大槻ケンヂさんで有名になる、筋肉少女帯も持ってたりします。
 
広告なんて、程遠い世界。
 
そんな時代に、自らお金を出し、
自らが作ったレコードの広告を、
ド派手なカラー写真で、出していたのが、
先ほどの4名だった頃の、Xだったんです。
 
とってもニッチな世界の話し。
 

ヘビメタと、知りもしないのに、
クラスのほぼ全員から、バカにされてたジャンル。
 
セミロングだった自分が、
白い目で見られながらも、
たった1人、話のあう友人と、
よくXで盛り上がっていました。
 

その後、インディーズと言う言葉、
ビジュアル系と言う言葉が出来ると共に、
世間でも認知され、Xはその最先端に君臨し、引っ張って行きました。
 
X解散の日、友人は、
1つの時代の終わりに、悲しんでいました。
 

でも、hideさんは突っ走ってた!

 

ROCKET DIVE/hide with Spread Beaver

 
5月のあの日、友人と自宅でワイワイやってる時、
TVで見た事を、弟が教えてくれました。

実感が余り湧きませんでした。

葬儀の日、物凄く暑かった記憶しかありません。
 

HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver

 

あれから16年。
 
確実に言えるのは、今でも、
hideさんの音楽は、熱く生きているって事。
 
知らない人にこそ、聞いて頂けたら嬉しいです。
 

今でも血が騒ぐ1曲。

DOUBT/HIDE

 

hideさん、ソロ1枚目のシングル曲。
ギターソロの美しくてポップな所、サビの優しさが好きです。

EYES LOVE YOU/HIDE

 

CMにも使われてたTELL ME

TELL ME/hide with Spread Beaver

 
良い1日を。

    

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る