東北地方太平洋沖地震を振り返って、、、。

おはようございます。
 
間もなく、あの時になります。
 
3年前の事を、風化させない為にも、
少し、振り返ろうと思います。
 

2011年、3月11日、14時46分。
 

当時の私は、
丁度、ゆるりん気功と言う名を命名し、
改めてブログを、始めたばかりでした。
 
3ヶ月限定で、
マッサージの学校に通っていました。
 

渋谷区にある、おしゃれな土地の、
あるビルの6Fだったと思います。
 

丁度、授業中に起きました。
 

建物が激しくゆれ、
そのまま倒れるかと思うくらいでした。
 
すぐさま外に出ました。
 

電柱が大きく揺れていましたが、
特にけが人や、事故は周りを見てもありませんでした。
 
「さすがに電車は混むだろうね」と仲間と話し、
渋谷駅に行くと、街中が人で溢れかえっていました。
 

久しぶりの、大きな地震だと思っていました。
 

歩いて帰るしか無いって事で、
渋谷から、住まいである中野へ。
 
その途中、原宿あたりで、
多くの人が立ち止まって、TVを見ていました。
 

友人と私は、
その時、初めて事の大きさに気がついたのです。
 
TVを見て、一言も言葉を発せず、
多くの方が、その場で立ち止まっていました。
 

新宿に近づいた時に、
何も食べてなかったので、
蕎麦屋に入りました。
 
隣りに座った年配の方が、
何となく話しかけて来たのですが、
実は気功師さんで、
中国のある凄腕気功師さんの、ご友人でもあったのです。
 

こんな大変な時に、この出会いは、
何か私と気功の、不思議な縁を感じました。
 

それからまた歩き、中野の自宅に友人を泊めました。
 

私には、その時で15年の付き合いになる、
親友がいて、福島に住んでいます。
 

27歳の時に、東京から自転車で、
その友人宅を伺った事もあります。
 
毎年年賀状を、未だに送ってくれて、
1月2日に、私が電話をする。
 

そんな仲です。
 

連絡がつくはずもなく、
私は、本当に気が気でなかったです。
 
その後、随分と時間が経ってから、
無事がわかりました。
 

その頃には、被害の全貌を知っていたので、
嬉しい半面、多くの方の事を思うと、
辛くもありました。
 
もし、亡くなられた人の中に、
友人がいたら、、、。
 

私は、私が社会に対して出来る事を、
精一杯やるだけです。
 

みんなで、みんなが、パワースポットになる!
 

ゆるりん気功の、このキャッチコピーは、
こうして産まれました。
 

多くの人の犠牲があって、
今の私達が、生きていられている。
 
私が毎朝、お線香をあげるのも、
そんな気持ちを忘れないためでもあります。
 

あれから、3年。
 

あらためて、気を引き締めてまいります。
 
ご冥福をお祈りします。
 

ゆるりん気功
宮沢法義

 

    

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る